『学問の基本は武道や演奏と同じ』

学習教室ライド・オン・タイム

玉津王塚台本校 078-927-6797

明石大久保校 078-940-9292

(月)~(土)の14:00~17:30にて承っております。

『学問の基本は武道や演奏と同じ』

日記

2019/05/31 『学問の基本は武道や演奏と同じ』

 

 

学問の基本は武道や演奏と同じ

 

 

社会学者で首都大学東京教授の宮台真司先生(東大卒)がおっしゃっておられた言葉です。

 

以下その続きをご紹介いたします。


『学問の基本は武道や演奏と同じ』

 

 

なぜか。かつての教育は暗記全盛だった。

追いつき追い越せの後発近代化国だったからだ。

帝国大学出身の父も論語やルター訳聖書を諳んじていた。私もそうした教育を受けた。

麻布中学に入るや「数学は暗記物、お前らが考えるなんて10年早い」と教員に怒鳴られた。

暗記で引き出しを増やさなければ思考しても意味がないという考え方を叩き込まれた。

 

 

学問の基本は武道や演奏と同じだ。

基本動作を反復訓練して「自動機械」のように動けるようにする。そこに意識を使わなくなる分、意識に新しい役割が与えられる。

「自動機械」化した自分から幽体離脱し、自分に寄り添って観察する。これを「意識の抽象度の上昇」という。

 

 

昨今の若者は「何の意味があるのか」と合理性を問い、合理性がないことをしない。

確かに企業内には不合理にみえることが多数ある。だが企業人の初心者が逐一合理性の有無を問うても無駄。

合理性を問う前に、先行世代のマナーやルールを自動機械のように振る舞えるくらい身につけたほうがいい。

思考する価値のある問題に注力するのはそれからだ。

自分はできもしないのにマナーやルールの合理性を問う者は、思考レベルが低い。

抽象度を上げた意識から見れば、「合理的なものが非合理で、非合理なものが合理的だ」という逆説はザラだ。若者が合理性を問うてきたら、そうした世の摂理を開陳すればいい。

先行世代自身も自分を見直す機会になる。合理性は高い抽象度で判断するべきものだ。

 


 

「暗記で引き出しを増やさなければ思考しても意味がない」

 

 

 

「基本動作を反復訓練して「自動機械」のように動けるようにする。」

 

「そこに意識を使わなくなる分、意識に新しい役割が与えられる。」

 

確かにその通りだと思います。

問題を解くために必要な最低限の知識をまったく暗記していないのに

いくら問題を読んで「う~ん」と唸って考えてみても絶対に答えが出るわけはないのです。

 

しかし、

 

「覚える」「暗記する」というかなり面倒くさい作業から逃げて

 

問題が「わからない、わからない」といっている人がいます。

 

当たり前ですよね?

 

でもなかなか「覚える」「暗記する」という作業ができない人が多いです。

 

逆に「覚える」「暗記する」という作業さえみっちりとやり切れば

 

「必ず成績は上がる」のです。

 

神戸市西区、明石市大久保の学習塾、学習教室ライド・オン・タイムでは

 

「覚える」「暗記する」という作業を塾内での授業の中で

やらざるを得ない環境を作っています。

 

成績が伸び悩んでいる人、ぜひ学習教室ライド・オン・タイムにお越しください。

 

一緒に成績を上げていきましょう!

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

☆学習教室ライド・オン・タイム 玉津王塚台本校

【住所】
〒651-2135
兵庫県神戸市西区王塚台7-99 サノスクエア2階

【電話番号】
078-927-6797

■■□―――――――――――――――――――□■■

☆学習教室ライド・オン・タイム 明石大久保校

【住所】
〒674-0058
兵庫県明石市駅前1-11-8 水田ビル4階

【電話番号】
078-940-9292

■■□―――――――――――――――――――□■■

【開館時間】
14:00(又は16:00) 〜 21:50

【休館日】
日曜日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP